スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から雪上練習がはじまりました。

GOPR0042.jpg


サースフェーに限らないけど、夏の氷河ゲレンデの雪質は、アイス又はシャビシャビ・・・つまりどちらも気持ち良くハードルを上げてくれます。

楽しく快適にシュピィーーンなんて滑れません。

上手くなりたいと強く思う者でないと、即効で心が折れ、来たことを後悔するでしょう・・・ああ、NZに行けば良かったと。。。

今回のキャンプ、初のスイスと言うこともあり、いわゆる一般募集をしませんでしたが、それで正解だったかもしれません。

ただ、パークがあるので、レーサーたちと時間をずらして8時とか9時にゴンドラに乗り、雪が緩んだところでパークに入ればフリースタイラーにとっても良い練習環境だと思います。



ゲレンデは空いていて、リフト待ちもありません。
更に世界中からレーサーが集まっているので、レーサー率、平均レベル共に菅平を上回る環境です。



したがって高速ターンウエルカムな環境!
逆に基礎練習でゆっくり滑っていても余裕で避けて行ってくれます。
これはハットには無い環境です。

また、下山後のトレーニング環境は最高です。
昨日お会いしたツーリストインフォで働く日本人曰く、去年のドイツW杯のときサッカー日本代表がここで合宿したとかしないとか?
まあそのぐらい良い環境ですので、修行場としては最高です!




話は戻りますが、敵はガリガリ君だけではありません。
標高1800mのベースタウンでは猛威を振るわなかった高山の壁が、3500mのゲレンデでは牙をむき、我々に襲いかかりました。

天界から舞い降りてきた帝にとって、ここも所詮下界なので問題になりませんが、この攻撃でタケルが重傷、亜紗も軽傷を負いました。

 一足先に下山するタケル


ユウヤは体力があるからか耐性があるのかわかりませんが、大丈夫なようです。

ただ、彼は自滅気味にミスを連発しているので、ここらへんでネジをキリキリと巻く必要がありそうです。

親は流石に良く見ていますね。
出発前お父様が、「兄はしっかりしているけどユウヤだから心配」と何度もおっしゃっていましたが、そのたびに私は、

「比較対象が超エリートのお兄ちゃんだからそう見えるだけで、ユウヤ君だって、あたまが良いし、礼儀正しいし、性格も良いし、ボクシング部で心身ともに鍛えられているから大丈夫ですよ」

って言っていました。

しかし私は学習しました。

あたまが良くて、礼儀正しくて、性格が良くて、スポーツマンであっても、うっかり者はうっかり者なんだってことを!!ヾ(。`Д´。)ノ

昨日の重要なミッションは<準備>でした。

それゆえ我々は街を散策し、リフト料金情報を得たうえで、必要額を換金すべく銀行に行ったのです。

ところが今朝になって、「カードで僕のリフト券も買ってもらえませんか?」とユウヤ君。。。

なぜ?と聞くと、なんと昨日は換金しなかったそうです。

確か2回は行動計画の意味を説明したはずなのに・・・

というわけでお父様!リフト券代は建て替えましたが、相当額の日本円を残して帰るよう指導しましたのでご了承くださいませ。

さて、スイスは物価が高いです。しかも今やスイスフランこそ世界最強の通貨! 戦後最高水準にある円に対しても、1年前に比べて1フランあたり15円ぐらい強くなっています(涙・・・輸入業者としてもダブルパンチ)

ましてやここはリゾート、しかも氷河の上にあるレストランともなれば、飲み物一つだって高価に違いありません。

しかし良いパフォーマンスを維持するには、適切な水分補給&タイミング良い補食(エネルギー補給)が必要です。

朝食は朝6時前後、そこから最長で13時まで滑るわけですから、当然そのことを想定したアドバイスを昨日の買い物前にしました。あれが夢でなければ確かにしたはずです。

実際、亜紗ちゃんはバックに水などを入れていたのでアドバイスしたことは夢ではなかったようです。

たけるはバックを持って行きましたが、「水は買ってないから無い」とのことでした。 ジュースのペットボトルに水道水を入れれば良いのに・・・

で、ユウヤはバック自体持っていきませんでした(´д`lll)

持っていかないのだから、朝の時点で水を持っていかないつもりだということは気付きましたが、そのまま失敗させることにしました。

何もかもお膳立てしてあげれば失敗はしませんが、いつまでたっても一人前にならないので、生死にかかわる可能性があること以外は、ミスしそうでもそのままミスらせます。 

それが我が子への教育方針でもあるし、我が子同然の選手達に対する指導方針でもあります。

失敗から学ぶ機会を指導者が先回りして奪ってはいけませんよね?
私はそう思っています。

そんなこんなで雪上練習がはじまりました。
とにかく基本重視です。
テーマは、正しい位置に乗り、正しい動きをすること!
他のテクニックは、それを土台にしていることなので、とにかく少しでも基本レベルを向上することが、秋や冬の活躍に繋がるのです。
スイスキャンプはそのことにのみフォーカスしてやっていきたいと思います。

なお、雪上初日の今日、3選手中1人がゴーグルを宿に忘れ、もう一人がゴンドラ乗り場に置き忘れてきました。

誰が忘れたのかは想像にお任せしますが、この日記をここまで読んでくれた人ならわかっちゃうんじゃないかな?

番狂わせはありません。順当な人が順当に忘れています。

ではまた明日。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GSSの帝

Author:GSSの帝
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。