スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の予定

今日の長野は真冬に戻ったような寒さです。
被災地の皆様に一刻も早く物資が届き、救える命が救いだされることを祈っています。

まずは結論からご報告いたします。

GSS主催のゲートキャンプは3月25日まで中止することに決定しました。
ゲートキャンプは3月26日土曜日から再開します。

社会人コースとジュニアコースの適用期間は3月20日までですが、3月27日までに期間延長します。ただし参加費代わりに一人千円復興支援に寄付してくださいね♪

シーズンコースメンバー以外の参加費は、リフト1日券付きで 大人5000円(子供4000円)です。 
GSSとして、一般参加者1名に付き千円を復興支援団体に寄付します。 

こうして集まった寄付金をどの支援団体に寄付するかはみんなで考えましょう!

と言うわけで皆さん、しばらくお休みですが、ヨンナナカップ&湯の丸カップに向けて、元気を出して頑張りましょう!!




以下は当面の練習を中止する理由と、3月26日から活動を再開する理由です。

震災の影響で関東のスキー場は軒並み休業、営業している長野県内にその分お客様が来る状況でもなく菅平も閑散としています。ガソリンが買えない=動けない状況が改善されないことにはいかんともしがたい状況です。

<このような時だからこそ日本代表戦を開催し、世界に日本は大丈夫だと言うメッセージを伝えたい>

と早くから表明していたサッカー協会も、やむなく東京での代表戦中止を決定しました。
しかしその気持ちは折れず、大阪で日本vsニュージーランドのチャリティーマッチを開催するようです!

被災地を支援するには被災地以外の日本が普段以上に頑張って、経済を生産を国力を挙げるよう努力すべきだと考えています。

世の中のために自粛すべきこととやるべきことを見極める判断力が大切だと思います。

PSAもチャリティーイベントを開催するようですし、中止一辺倒から流れが変わりつつあることは良い事だと思います。

GSSの場合、元々~25日までの期間は、昨日15日~18日の4日間しかキャンプ開催予定がありませんでした。そのうちコーチング付きは15日と18日の2日間の予定でしたから、実際に取りやめたのは18日金曜日のみとなります。だから自粛と言う感じとはちょっと違います。

スノーボードはレジャーであり、競技スポーツのプロ(野球・サッカー・ゴルフ・もちろんスノーボード)も含めて、社会全体にとっては娯楽として成り立っています。

生きる上で必要不可欠な要素ではない娯楽だからこそ、大会やイベントを開催すれば、

<日本は大丈夫だ!復興に向けて歩みだした!>

というメッセージを、日本国内、そして世界に向けて発信できるはずです。

もちろん不謹慎だと考える人もいるでしょうけど、皆が自粛し、喪に服し、経済活動が小さくなれば税収が激減し、個人的な寄付金額も減り、復興資金がどんどん小さくなってしまいます。

喪に服し自粛すべきと考える方の気持ちもわかります。
私自身も、被災地の状況を見聞きするにつけ、行方不明者の無事やこれ以上被害が広がらないことを心から祈らずにはいられません。しかし、被災地・被災者にとって本当に必要なのは、同情よりも復興資金と物資とマンパワーではないでしょうか?

また、震災後、海外の友人・取引先から、安否を気遣うメールをいただいております。
日本は小さな島国だと思われているので、日本全土が壊滅状態になったと勘違いしている人が多いようです。
彼ら海外の友人の心配も取り除きたい。

原発問題が収束し、ガソリンの供給体制が整備されることなどいくつか条件はありますが、それらがクリアされたら、残されたシーズン中にできるだけキャンプやチャリティーイベントを開催することで、世界中のスノーボード仲間に、

<日本人は必ず立ち上がる!>

という強いメッセージを発したいと思いますし、収益を寄付して少しでも被災地の復興に貢献したいと思っています。

賛同していただける皆様の参加をお待ちしております。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GSSの帝

Author:GSSの帝
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。