スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルスーパーガール

世の中にはごく稀に飛び抜けた人間がいるものです。

アルペンスノーボードレーサーでは、かつてカレン・ルビー(フランス)という不世出の天才がいましたが、今コロラドで一緒に練習しているEster LEDECKA(チェコ)1995年生まれの18才もまた歴史に名を残しうる選手になる可能性があると僕は感じています。

ルビーちゃんはFISスノーボードワールドカップが創設された1994/1995シーズン当時、17歳にして既に世界ナンバー1ライダーでした。ISFにもレジェンドクラスに強い選手はいましたが、彼女と並ぶ選手は一人もいないことがその後の数年間で証明されました。
1995年~2006年の間に五輪・世界選手権・W杯通算68勝、表彰台(3位以内)に立つこと123回という、未来永劫破られることが無いであろう不滅の記録を残しました。

先日からブログでチェコちゃんと呼んで小出しにしてきたエスタはまだワールドカップ未勝利ですから、結果そのものは比較対象にすらなりませんが、エスタの凄いところはアルペンスキーとスノーボードの両方で同年代の世界トップクラスだという事です!

エスタのスキーコーチによると、ユース年代では世界トップ10レベルだそうです。
そしてスノーボードではワールドカップ最高成績が6位、直近のジュニア世界選手権はPGS/PSL共に優勝しています!

日本でも世界でも、今まで何人かの元スキーレーサーが様々な理由でスノーボードに転向し活躍したケースはありますが、エスタの凄いところは、両競技とも現役選手でしかもオリンピック候補に上がるレベルだという事です。

コロラドにはエスタのアルペンスキーのコーチと、スノーボードのコーチが付いてきていて、日本ではまず考えられないことですが、アルペンスキーのコーチがエスタがスノーボードをすることを許すばかりか練習を手伝っているのです。

日本でアルペンスキーのナショナルチーム所属選手がこの大切な時期に「スノーボードの練習をしたい」なんて言ったらどんなことになるか・・・

しかしエスタのコーチの考えは違うようです。

「アルペンスキーの経験がスノーボードに生かせることと同様に、スノーボードの経験がアルペンスキーに良い影響を与える可能性が十分にある」

今日の練習後のコーヒーブレークbyコーチ陣でそう言っていました。

僕もスキーとスノーボードの両方をやっていた時期がありますが、確かにそうでした。(レベルは違うけど)

スノーボードをやった後にスキーをやると、エッジが2本あるからバランス面ですごく簡単に感じるし、思い切りの良い滑りができるようになった経験があります。

もし、彼女がスキーレーサーとして更なる飛躍を遂げることが出来たら、各国のアルペンスキーヤーが練習メニューにアルペンスノーボードを取り入れる日が来るかもしれません。

一番大きな問題は、時間は公平であることですが、エスタはとにかく滑ることが大好きみたいで、2部練習すべてに参加して、しかも一番最後まで滑っています。

何か背負って悲壮感を漂わせてではなく、ニコニコしながら楽しそうに滑り続けています。

誰しも、楽しい時期は経験していると思いますが、国のトップレベルともなれば、通常は2~3時間ゲート練習をしたら下山してコントレなど体のメンテナンスをするものです。

しかし彼女は毎日欠かさず2部練習を満喫しています。
未確認ですが、フィジカルトレーニングも毎日ちゃんとやっているはずです。
なぜなら体幹がしっかりしているし、標高3500メートルのコースをあれだけ滑り続けられる体力は、スノーボードをしているだけでは身につかないからです。

スーパーマンの女性版でスーパーガールというキャラがいますが、エスタを見ていると<リアルスーパーガールだ>って思います。

今後の成長と活躍が楽しみです!
みなさんも、Ester LEDECKA 要チェックですよ♪


さて、我らが美樹・大翔・学・慎之助・湧也ですが、それぞれ大会に向けて頑張っています。

大会前のGS練習は今日が最終日、ケベックチーム&韓国ナショナルチームとSSWSC&GSS&韓国のLeeさんチームが協力して、PGSをやりました。

やはりパラレルゲート練習は見ていて楽しいです!
この経験を本番で生かして、誰と対戦することになっても冷静に滑ってほしい。
そう期待しています!

調子というか仕上がり具合はまちまちですが、調子が良くても悪くてもベストを尽くすのが選手の務め、そしてなんだかんだで結果を出すのがプロあるいはトップアスリートです。

それにはまず、心を整えること(by長谷部選手=浦和レッズ!あくまでも浦和レッズ!!)

勝負の前にまずは己に勝つこと!!


以上、選手達とのリフティングゲームでレッドブル12本をゲットした松里啓でした。

それではまた。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GSSの帝

Author:GSSの帝
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。