スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライバルの存在がお互いを速くする

月曜日=僕にとっては事務仕事の日です!

・・・が、たいてい午前中はのんびり過ごしてしまい、午後になって焦って仕事をする羽目になる日です(´д`lll)

今日もご多分にもれずそんな月曜日ですが、余裕などないのに(メール返信も半ばなのに)先週1週間の練習を振り返っているうちに<ライバル効果>について書かずにはいられなくなってしまいました(笑)

コーチの僕が言うのもなんですが、誤解と失職を恐れず言えば、コーチのアドバイスなど選手を育てる上での肥料程度の役割しか果たしていないと思います。

だから練習環境(ゲレンデ・機材・チームの仲間)をできるだけ良くしようと努力しているし、更には相談されればですが、学校選びや中長期戦略についてもアドバイスしています。

現在、GSSには各年代・レベルのスノーボーダーが練習に来ています。
そこには目標となる選手もいれば下から追いかけてくる選手もいるし、そしてなによりライバルがいます。

日頃の練習を見ていると、男性は放っておいても勝負が始まり、お互いプッシュし合っています。
対して女性は同レベル間の勝負を避ける傾向があるように思います。
が、例外的にライバルとの切磋琢磨をあえてする女子選手もいて、そういう選手は間違いなく強い選手になります。

例えばあかりがそのひとりで、祥子ちゃんが来たときは生き生きとしていたし、普段は男子選手を目標に自分をプッシュしています。

現在のGSSには、良い意味でいろいろな選手間にライバル関係が成り立っていると思います。
そしてライバルに勝ちたい気持ちが、年齢・性別・レベルに関らず、選手を強く・速くします!!

ライバル効果の顕著な例が、東西地区女王のレベルアップです。

金土日の3日間、西日本地区大会&東日本地区大会それぞれのGS一般女子優勝者(女王)が揃って練習参加してくれたので、意図的に<女王対決だね!>と3日間あおり続けました。

もしかしたら余計なプレッシャーだったかもしれませんが、良い意味で勝気な二人ですからプラスになるだろうと思ってのことでした。

結果は大成功(ノ´▽`)ノ

お互いを(お互いのタイムを)意識し、勝ちたい気持ちが女性にとって大きな壁である<恐怖心>を上回った結果、ふたりとも優勝したGSはもちろんSLでも男子みたいなタイムで滑る選手に急成長しました♪

二人を男子のラップタイムと比較した場合の差(%で計算)すると、なんと先シーズンのあかりちゃんぐらいのタイム差(男子+10%強)で滑っています!

対応力・安定感・経験など先シーズンのあかりちゃんのほうがもちろん上ですが、プロ戦2勝をあげた選手とベストラップはあまり変わらないというのは凄いと思います。

ただし、週末はセットがやや簡単なので、少し割り引いて考える必要があります。

先シーズンのあかりちゃん並と言うのはちょっと評価が高すぎるかもしれませんが、周りの選手達との力関係がハッキリしている亜紗ちゃんのタイムを地区大会前とこの土日で同じ相手と比較してみると、ビックリするほど速くなったことがわかります。(1~2秒負けていた相手に1~2秒勝っています)

二人に聞いてみましたが、やはりお互いを意識した分、プッシュできたようです。
土曜日がデュアルSLだったこともより効果を高めたのだと思います。


ちなみに今期のあかりちゃんは更にレベルアップしていて、男子+5%ぐらいのタイムを常に出し、しかも安定感はGSSで一番です!!

それでも本人は男子に勝ちたいと思っているから不満なようです。(なぜならWSFで世界レベルの女子選手達のタイムが日本の男子プロと変わらないことを知ったから!)

ガンバレ!!


一方、男子はそれこそジュニアからシニアまで様々なライバル関係があります。

その中で特筆すべきは、先週から数年ぶりにちぃっちゃいケントが戻って来てくれて、平日練習に参加していることです。

ケントは拠点が峰の原だったころ、とてもかわいがり将来を期待していた選手でした。

拠点が野辺山に移り、しんちゃんが来て、同い年のふたりが切磋琢磨して成長して行ってくれることを夢見ていましたが、ようやくその夢がかなうのかもしれません。

もちろんこの数年間の間、たがいに練習環境は違ってもライバル心は持っていただろうし、だからこそしんもケントも若くして日本を代表する選手に育ってきたのだと思います。

でも日常的にしのぎを削っていたらもっと速くなったていたと思います。
今週と来週も平日練習に参加予定と聞いていますが、願わくば世界に羽ばたくその日まで、良きライバルとしてGSSの国内外キャンプに来てほしいと思います。


東のGSキングになったこうた(やけに落ち着いた14歳)も環境が変わり急成長した選手です。

年末年始の時点では、こうたのタイムはGSSの若手選手の中では一番遅いほうでした。
一緒に滑っていた1歳年上のたくみ(カービングが得意)よりも巻いたラインを方向付けて滑っていたので、

「それじゃタイムが出るわけないだろ!」

とアドバイスしたことを覚えています。

それがどんどん速くなり、地区予選前には緩斜面は一番速いんじゃね?っと思うほどになり、先週の練習ではラップタイム争いに加わるほどに大成長しています!

ちなみに先週の平日練習には軽井沢のプロ戦の1・2・3・5・6位が日替わりで参加していました。
まだ勝てはしないけど、トッププロとコンマ差のタイムを出す14歳は、中西賢以来久々です。

その事実を週末練習に来た拓臣に伝えると、いつも物静かな拓臣の眼の色が変わりました。
指摘しても治らなかった悪癖が治る日も近いでしょう。

二人が揃って練習に来る日が楽しみです♪

そんなこんなでライバルの存在がお互いを速くするというお話でした。


速くなりたい選手、ゲート練習に興味がある人は是非一度来てください。
扉はいつでも開けておきます。


*名前が出てこなかった選手達へ*

気にかけてくれなない・・・とか勘違いしないように!
わかっていると思うけど、老いも若きも、速くても遅くても、ちゃんと見てますよ。
絶対俺も(私も)目立ってやる!速くなって見せる!と奮起してくれると嬉しいです。
みんなの負けん気に期待しています!!


*GSSに興味があるけど敷居が高いと思っている方へ*

今日の日記を読むとまたそう思われちゃいそうですが、プロやトップアマばかりのチームではないんですよ。
ゲート初心者もいるし、雰囲気も決して体育会系ではありません。むしろ良くも悪くもゆる~い感じです♪
だから気軽に来てくださいね (^_−)−☆
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GSSの帝

Author:GSSの帝
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。