スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上初開催!3PSLレポート

史上初の開催となった3PSLについて報告します。

決勝には出場8選手中6名が進出。
しかし狙っていた9位以内での予選通過は無しで、外人勢のここ一番でのアタックに、国内では<予選番長>と謳われたマナブですら及びませんでした。

予選結果

マナブ 10位
あかり 11位
みき  12位

以上3名が第2グループでの予選通過、あとの3名(かなこ・こぎっちょ・ゆたか)は第3グループでの通過、あさとともちゃんは残念ながら予選通過はなりませんでした。

3PSLは決勝トーナメント進出27選手を3人ずつヒートに分けて1位が勝ち上がる方式なので、予選9位以内(第1グループ)に入ることが重要でした。

なぜならトーナメント1回戦での格上との対戦を避けることができるからですが、その目標を達成できなかったことがまさかの全選手1回戦負けにつながってしまいました。

というのも、私は当然、予選1位と同組に第2グループから入るのは18位の選手と思っていたのですが、実際には10位の選手が1位と同組、以下2位と11位、3位と12位という組み分けになり、上位進出を狙った選手たちは軒並み強豪と1回戦を戦うことになってしまったのです。

決勝開始前に意義を申し出ましたが、却下されそのまま進行。。。

上位3選手はいずれも猛者ですが、いずれ越えなければならない壁だとハッパをかけて気合を入れ直しました。

マナブはタイラー相手に中盤まで互角の滑りができたものの、手前でちょっとブレーキをかけないとキツイゲートにフルスピードで進入した結果、ターンが詰まってしまいなんとか持ちこたえたものの失速。その時についた差を巻き返すことができずに敗退。

ミキはなんと残り3分の1地点まで予選3位を相手に1旗門リードを奪う最高の滑りでしたが、あと少しのところでバックサイドが抜けてしまい転倒・・・そのまま隣のコースに入ってしまいコース妨害で失格。でもほんと速かった。

PGS4位の勢いと表彰台を逃した悔しさを3PSLにぶつけたあかりは、スタート数ターンでボードが真横を向く大失敗を犯し誰もが終わったと思いましたが、なんと予選2位の選手が転倒! その間に1位に躍り出てなおかつ格下の第3グループの選手相手には2旗門近いリードを奪い誰もが行ける!と思った残り5~6ターンのところでまさかの転倒・・・コース復帰していた予選2位の選手にも抜かれ3位でゴール・・・大きなチャンスを逃しました。

レース後、

「滑りながら勝ったと思っただろう?」

と問いただしたところ案の定そうでしたので、ゴールして止まるまで集中し続けることの大切さを話しました。

3PSLについて、競技方式自体は賛否両論ありますが、観客にとってはテンポが良いし波乱も多くてエキサイティングであることは間違いありません。

あかりと同組で予選26位の選手が、2位と11位(あかり)の選手が共に転倒した結果ベスト9入りしたり、男子ではSSWSCのジュニア選手が5位に入るなど、パラレル方式に比べて波乱が多いです。

W杯で開催された場合、日本の男子選手たちも27位以内に入る力は十分あるし、今回の大会よりもW杯のほうが1位~27位までのタイム差も遥かに小さいので、上位選手のちょっとしたミスでもジャイアントキリングができると思います。

男子の優勝者:マイク(USA)は昨シーズンの全米チャンピオンですが、普段の練習でSLゲートのタイムはマナブと拮抗していただけに、学たちにもチャンスがありました。でも、結果を残せなかったことが残念です。ちなみにGSは学の方が速いです。

カッパー出場選手の3PSLに対する感想・意見は、若い選手はおおむね肯定的でベテランほど否定的でした。

W杯でもおそらく開催され、その後賛否が問われると思いますが、日本は絶対賛成すべきです。

PSLよりも確実に上位進出できるし、その分、表彰台・メダルも近づくからです。

例えば、1回戦で学は予選1位のタイラーに負けたけど、マイクは決勝でタイラーに勝ちました。

でも、中盤までタイラー相手に互角だったのは学の方です。マイクは徐々に離されていました。

しかし、決勝ではタイラーが大きなミスをした結果、マイクが逆転できたのです。

ではなぜタイラーが大きなミスをしたかというと、もう一人の相手がロックだったからだと思います。

ロック相手では100%で滑ることが勝つためには必要で、ロックにとっても同じことがいえます。

いわば予選1位と3位が全力で戦い二人ともミスが出た結果、必死についていったマイクに幸運が訪れたのです。

ちなみに予選2位のジャスティンは、準決勝でマイクに不覚を取りました。

二人ともテドの選手なので、おたがいの力はよく知っていて、ジャスティンにとっては普通に滑れば確実に勝てる相手がマイクです。ちなみに練習では2~3秒ジャスティンが速いです。

そこでジャスティンは、決勝で一番良いコースを予選1位のタイラーが選ぶことを想定し、あえて2番目に良いコースを選びました。つまり決勝の練習を準決勝でしておこうと思ったわけです。

それでもミスなく滑ればマイクには100%勝てると見越しての判断だったそうです。

レースは予定通り着実に差を広げたジャスティンの勝利と思われましたが、終盤小さなミスをして少しスピードが落ちたことに加え、その間必死に追いすがってきたマイクのスピードを少し甘く見たジャスティンが残り2ターンぐらいを流してゴールした結果、ゴール直前マイクにわずかに抜き去られて敗退したのです。

マイクによる予選上位3選手相手の下克上は、3PSLだからこそ達成出来たといえます。

将来、日本選手が実力でも世界のトップクラスに成長することを期待していますが、PSLよりも11名多い27選手が決勝に進める3PSL方式で頻繁に決勝トーナメントを経験しつつ、ときどき幸運にも恵まれて1桁順位でフィニッシュし、ポイントも自信もクォーターも獲得しながら真の実力者に成長していくことが期待できる3PSL方式に日本は賛成すべきだと思います。

見ているものにとっては確実にエキサイティングです。
PSLと違って一人転んでも残り2選手が勝利を目指して競い続けるし、1発勝負なのでわかりやすくておまけに競技の進行も早い。
観客受けテレビ受けすることは間違いないです。

今日明日の2日間、GSゲートにジェシィが参加しています。
ウェブサイト用の写真撮影が目的ですが、金メダリストと一緒に練習することは良い経験になると思います。

特にすっかりJJSBの虜になった友ちゃんは、ジェシィにとっても可愛い存在らしく、ずっと一緒に行動してマンツーマンでアドバイスをしていました。

天気にも恵まれ良い写真も撮れました。
自分の多才さにビビります。

本当はマナ父から借りたカメラのおかげですけどね♪

近いうちにアップするので楽しみにしていて居ください。
でも観るだけですよ!特にジェシィの写真は無断で転載しないでくださいね。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GSSの帝

Author:GSSの帝
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。