スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま~♪ & アクロス参加申込期限迫る!

ただいま~♪

21日に無事スイスから帰ってきました。

帰って来てから今まで何をやっていたのかと申しますと、正直なところ主にボーっとしていました(^^;

帰路、そういえば去年のコロラドからの帰路もそうだったような覚えがありますが、またもやビジネスクラスにアップグレードしてくれました。
(ノ´▽`)ノ

やはり俺ぐらいになると、人徳があるのだろうか?とか、もしや神々しく後光が差しているのか?とかいろいろ思い当たることが浮かびますが、たぶん今回の理由は、団体客が多い中で個人で予約したからでしょう!(後光もへったくれもありません)

理由は不明でも、ビジネスはビジネス!

しかも、最新機で運航するエティハド航空だけに今までのビジネスよりも更に数段上の快適さ♪

なんと、真横になって寝られるんです!!!

タケルが思わず叫んだ、

「これこそ俺の望んでいたことだ~!!」

という一言がすべてを表しています。


懐石料理かアラビア料理を選べる機内食もおいしかったし、ドリンクサービスにデザートワインまであって、3杯もいただいてしまいました。

約10時間の長旅でしたが、あっという間に感じたのは言うまでもありません。

いつかは実力でビジネスに乗れるようになりたいものですね(笑)


さて、アクロスキャンプ秋の陣の参加申込締め切りが28日に迫ってきました。

今回は高速週末千円が無くなり、アクロスもGSSアクロスキャンプもガラガラに空いています。

これはピィーンチ・・・じゃなくて皆さんにとっては大チャンス!!

急な話ですが、意地でも都合をつけて参加してください。

サースフェーキャンプのフィードバックは必聴です☆

参加のお申込はデジエントリーにて28日まで受付中です。
http://dgent.jp/e.asp?no=1100308

*上記期限後に急遽参加できることになった場合はメールまたはお電話ください。

それでは皆様、アクロスでお待ちしてます!!
スポンサーサイト

ガリガリ君は友達♪

大空翼にとって「ボールは友達」。

そして俺たちにとって今やガリガリ君は鬼コーチから友達に変わりました。

ガリガリ君の硬度は、ツバクロのパノラマコースでゲートを張ったときに、スタートへ降りて行くまでの間、やたら磨かれてつるつるになっているところがあるでしょ?

だいたいあのぐらいの硬さです。


なにはともあれ昨日で無事に滑り終え、それぞれの収穫と課題を持って帰国の途につきます。


そうそう!昨日私はブビコン市にあるOxess本社を表敬訪問してきましたよ!

コンパクトな製作所ですが、セクションごとに仕切られていて、効率よく仕事が出来るようになっているところがスイスっぽくてGoodでした。

また、材料もきちんと品質管理されています。

例えばマイナス20度の冷蔵庫に保管されている素材もあります。

またこだわりを持ってボードを作っていることが印象的でした。

実際、この春にメタルのクロスボードが出来ないか問い合わせがあり、テストボードでメタルを作ったと聞いていたので、お客様の希望なら作ってくれるだろうと思って問い合わせたときも、

「トップライダーによる度重なるテストの結果、クロスではカーボンの方が現時点では優れていることが明らかだから、劣るとわかっている製品を作るわけにはいかない」

と断られたことがありました。

そういうプロのこだわりは見習いたいなと思いました。

さて、そろそろ出発しなければならないので続きはまた今度♪


動け!踏み込め!アグレッシブに!!

宿のバルコニーからの眺望は素晴らしいの一言で表せる。

GOPR0122.jpg


一仕事終えたら、ビールかワインを飲みながら、暮れゆく太陽に最後まで照らされるアラリン峰をのんびり眺めることを日課にしたかった(涙)

コーチングと陸トレと、ブログ更新のキャンプ3大ルーティーンは難なくこなせます。 しかし、スノーボード代理店として関係者とやりとりする英文のメールがもの凄く大変で、ここ数日は連夜1時、時には2時ごろまでかかることもあります。そこまでやっても仕事が終わらない・・・これはいったいなんなんでしょう?

俺のリゾートライフは何処へ!?

まあやりがいはありますけどね♪

というわけで今日でレッスンは終了! 
夢見た理想のリゾートライフを10分だけ満喫し、パソコンに向かっています。

キャンプは期待以上の成果でした。
それはおそらく参加した選手達が来るべきシーズンに証明してくれるでしょう!

理論だけでなく、実際の滑りの課題として、しっかり動いてしっかり踏むという段階まで進めたのは、選手達の飲み込みが早かったからです。

予想以上に環境が良かったことも、大いに成長を促しました。

明日は自由行動日。
私はOxess本社に行ってきますが、選手達は滑る気満々です♪

タケル先生が、膝が痛いと言っていますが、Dr.Tが診てくれたので任せて安心です!

捻ったとかではないので、様子を見ながら無理をしないように念を押しました。

動画や写真も順次アップしますね。

アメリカやニュージーと違って、言葉が通じないこともしばしばですが、それでも人々は暖かかったです。

ヨーロッパ諸民族の多様な文化を感じられたことも良かったと思います。

大震災と原発事故のことはたびたび聞かれました。

世界中の人が気にかけてくれていることを感じます。

明日以降数日間は、帰国準備とビデオなどの整理、それから移動がありますので、更新できるかわかりませんが、チャンスがあれば短文でもアップしようと思っています。

それではまた!

久しぶりのオフ

選手達は8月7日に休んで以来滑り続けてきました。

昨日も相当疲れている様子が見えたので、「休めば?」と言ったのですが、

「休んで一度気持ちが切れたら、精神的にも肉体的にも2度と復活できなそう・・」

と口をそろえて練習続行を希望していました。


そして迎えた今朝、雨が降っていて何と久々のクローズです。

神様が<ケガをする前に休みなさい>と言っているのでしょう!

というわけで今日は皆、まったり過ごしています。

でも僕は仕事(エライ!!)
先ほど携帯で撮りだめていた分の写真をアップしました。

午後にはコロラドキャンプの要項を作らなくっちゃ!

みんなも明日からまたがんばろう!

幸い、最後の3日間とも天候に恵まれそうです。

どうもまだまだタイミングが遅いし、動きが不十分なので、その原因をアドバイスしてもう1段レベルアップしてもらいましょう!!


P.S.昨日ビーチバレーをやりました。

CA3I0110.jpg

結果は帝の圧勝!
スノーボードコーチをしている時よりもはるかに熱くなってしまいます。
ビーチバレーやサッカーの方が本気でやっているという意味ではなく、プロとして感情をある程度自制しているか、一個人として熱中しているかの差がでます。

脳裏にイメージを焼きつけろ!

先週の金曜日で、スイスBチームは合宿を終えて帰ってしまいました。

雪上練習では、とても良い見本になってくれた上に、サッカーも一緒にプレーさせてもらいました。

ありがとうハンス率いるスイスチーム!!

ザックジャパン流に言えば、ハンススイス・・・あれ?なんか変な感じだ。


入れ替わるように、ロシアチームがやってきました。
コーチは知らないし、言葉もほとんど通じないので、ロシアとは一緒にサッカーをしたり、友達にはなれないかもしれません。

しかし、バリバリのワールドカッパー(しかも上位)を含む彼ら彼女らの滑りはもの凄く刺激的です。

スイスBが主にベーシックテクニックの練習をしていたこともありますが、レベル的に格上のロシアンライダー達の攻撃的なフリーラン、そして今日から始まったゲート練習を見ていると、我々の脳裏にダイレクトにイメージが流れ込んでくる感じです!

イメージトレーニングは全てのアスリートに効果的ですが、特に年少者に絶大な効果があるようで、タケルの滑りの進化速度が半端無くなってきました(練習テーマによっては「タケル師匠」と呼びたくなることすらあります(笑))

そういえばタケルは中学一年生。ただしまだ小学生体型ですから第2次成長期の一歩手前=つまりゴールデンエイジまっただ中です。

ゴールデンエイジは、小学校高学年ごろに訪れる、

<一生のうちでもっとも容易に運動技術を習得できる時期>

で、

<即座の習得>

が可能なお年頃です。 

反面、頭の中はまだお馬鹿ちゃんな時もあり、練習課題をまったく理解していないままにただ滑っているときもしばしばです。

またそこがかわいいんですけどね♪


昨日からDr.Tも合流して、愛娘の成長を喜んでいただきました。

タケルだけでなく、亜紗もユウヤも着実にレベルアップしています。

それもこれも、氷河のガリガリ君という肥沃な大地で、アドバイスと言う水をふんだんにかけ、スイス・ロシアなど目標たりえる太陽がイメージという光を与え続けてくれるからだと思います。

そしてなにより、

<絶対に上手くなる!>

という選手本人達の気持が、それらすべてを養分にして急速な成長を可能にしているのだと思います。


講習はあと2日。自主練習日を含めればあと3日。

楽しみながら、ケガ無く無事に、最大限の成果をあげられるよう選手達と共にがんばりたいと思います。

GOPR0124.jpg



お知らせ:

①アクロスキャンプ秋の陣!参加募集中♪
 デジエントリーからお申込ください。
 http://dgent.jp/e.asp?no=1100308

②ナショナルチームトレーナーによる第4回体力測定が8月27日にJISSで開催されるそうです。興味がある方は折り返し資料を添付できるアドレスから私信メールください。

③菅平パインビークからシーズン券に関する案内が届いた方へ

団体での申込方法について確認するまで、個人で申込手続きをしないようお願いいたします。
と言いますのも、先シーズンはどのチーム・キャンプが、どの程度の規模かを把握するために団体申込をするようにスキー場サイドから依頼がありました。その結果、GSSは全体の中で2番目の勢力(シーズン券購入人数)があることがわかり、バーン確保が容易になった経緯があります。
シーズン券を個人で申し込まれると、カウントされない可能性があります。
今シーズンはどのようなシステムなのか、近日中に確認し、報告いたしますので、それまでお待ちください。

プロフィール

Author:GSSの帝
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。